旨い間食という美味しい紅茶やコーヒー

間食を食べると結構幸せな気分になりますね。
旨い間食という美味しい紅茶やコーヒーがあるだけで、コメントもはずんで、グングン親密に生まれ変われるような思いさえしてきます。
ただ、間食は砂糖を山盛り使いますから、いまひとつ食べ過ぎるのもいけません。
なので、多少なりともヘルシーな間食と考え、野菜によるパウンドケーキの処方をご紹介したいと思います。
野菜自身の甘さを実施できれば、砂糖の嵩も燃やすことが出来ますので、甘さが手強いカボチャを選んでみました。

カボチャのパウンドケーキ・レシピ

《トピック(パウンドケーキ部門仲間当たり)》
・カボチャ…100g
・薄力粉…50g
・強力粉…25g
・ベーキングパウダー…2.5g
・卵…一つ
・バター又はマーガリン…50g
・サラダオイル…50g
・砂糖…十中八九50g間近が確立ですが、かぼちゃの甘さにて調節して下さい

《作り方》
1.カボチャは煮たり、蒸したり、電子レンジで気迫するなどして柔らかくして鋭く潰しておきます。
2.バターは前もって冷蔵庫から出してクーラーにしておくか、レンジで柔らかくしておきます。
3.柔らかくしたバターと砂糖といったサラダオイルを潰したかぼちゃに加えて、ぐっすり練り取り混ぜます。
4.3に卵を加えて練り取り混ぜ、もっと、薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーをふるいながら加えて、粉くさい先入観がなくなるまで、それほど合わせます。
5.4をパウンドケーキ部門に流しいれて、あらかじめ180度で熱しておいたオーブンで、20~30分ほど焼きます。
6.部門のがたいにて、焼き間隔が変わりますが、竹串を刺してみて、何もついてこなければ形成だ。

間食を調べるら野菜により、一日に摂取する野菜を多くすることができますね。
日常、日本では、一日に必要だと言われている野菜の嵩を、充分にとっていないかたばかりだそうです。
軽食に食べる間食も、糖分や脂肪当たりは仰山なのですが、野菜が入っていることは、ほとんどありません。
ケーキやクッキーに野菜を入れて設けることもお求めですが、白々しい間食に野菜を使ってみるのもお求めだ。
今回は、野菜もラクラク、ので、野菜ジュースによることにしてみました。
さんざっぱら簡単でおいしくこなせるゼリーの処方をご疑問いたしましょう。
ゼリーは、暑い時期だけでなく、普段でも上手く食べられる刺々しい間食だ。
あっさりしていますから、食欲がないときにも重宝しますね。
コンディションが悪くて、食欲が無い内などには、実際の野菜を擦すりおろしたものを使用すると、ビタミンなどの栄養もジュース以上に敢然と取ることができます。
ゼリーは舌触りがよくて、患者食としても延々と構想できますし、誠に申しましても、創るのが簡単ですから、正邪処方も暗記してしまって下さい。

野菜ジュースで作り上げるゼリー・処方

《トピック(平均的なゼリー部門3個当たり間近)》
・お好きな市販の野菜ジュース…250cc
・粉ゼラチン…5g
・お湯…大さじ3

《作り方》
1.十中八九80たび程度の熱さのお湯に粉ゼラチンを入れて、ぐっすり溶かします。
2.溶けたら、野菜ジュースを入れて望ましくかき混ぜます。
3.ゼリー部門に流しいれて、粗気迫が取れたら冷蔵庫で冷まし固めて形成だ。
※大き目の部門に入れて固めて、食べるら切り分けても良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です